レナウン株がストップ安

 週明け18日の東京株式市場でアパレル大手のレナウンの株価が急落した。民事再生手続きの開始が決まったと前週末15日の取引終了後に発表。新型コロナウイルスの影響による経営破綻に、売り注文が殺到した。終値は前週末比30円(38・5%)安の48円。値幅制限の下限に当たるストップ安の水準で取引を終えた。

 市場関係者は「もともと業績が悪化しており、新型コロナが追い打ちを掛けた」と指摘。「短期的な株価上昇を狙う投資家しか買い手はいなくなるのでは」と話した。

 東京証券取引所はレナウンを6月15日まで、投資家に注意を促す整理銘柄に指定した。翌16日付で上場廃止となる。

PR

PR