ダイハツが国内の4工場休止へ

共同通信

 ダイハツ工業は18日、国内にある四つの完成車工場で、6月に2~8日間の非稼働日を設けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて需要が落ち込んでいることに加え、一部の部品が海外から調達しづらくなっているためという。

 本社工場(大阪府池田市)は8日間、京都工場(京都府大山崎町)、大分第1工場(大分県中津市)は4日間、大分第2工場(同)は2日間稼働を休止する。

 滋賀県竜王町にある2工場は6月に非稼働日を設定しないものの、従業員の残業時間を減らすなどして生産調整をする。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ