神戸のパンダ、中国に返還へ

共同通信

 神戸市は19日、市立王子動物園で飼育している24歳の雌のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」を中国に返還すると発表した。2000年に繁殖目的で借り受け、今年7月が契約期限。返還後、国内で飼育されるパンダは上野動物園(東京都台東区)の3頭と、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)の6頭のみとなる。

 タンタンは08年に人工授精で出産に成功したが、直後に赤ちゃんは死んだ。つがいだった雄の「コウコウ(興興)」が10年に死んでからは、王子動物園での飼育は1頭だけだった。パンダの寿命は20~30年とされ、タンタンは「高齢者」の年齢になっている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ