のん「食の楽しさ発信したい」

共同通信

 女優のんが、食にまつわる小説を集めた小学館文庫の新レーベル「おいしい小説文庫」の初代アンバサダーに就任した。のんは「食の楽しさを発信したい」と意気込む。

 小学館主催の「日本おいしい小説大賞」と連動させ、3カ月ごとに数冊を刊行する。6月5日発売の第1弾は、思い出の料理を求める人々が集まる京都の食堂が舞台の「鴨川食堂もてなし」(柏井寿著)、同賞の最終候補作「氷と蜜」(佐久そるん著)など3作品。

 のんは、戦時中の庶民生活を描いた映画「この世界の片隅に」で主人公すずの声を演じた際に「食べる幸せを改めて実感した」と話す。

 「物語の中に出てくる食べ物には不思議な魅力がある。妙においしそうに思える」

 思い出の食べ物は、祖母のお手製わらび餅。「その時初めて(丸める前の)ねばねばの状態を見て、興奮した。めちゃくちゃおいしかった」と振り返った。

 小学館の担当者は「(新型コロナウイルスの感染拡大で)食材の買い出しが制限され、外食も難しい『非日常』を強いられる中、せめて小説で『食』という日常を味わってほしい」と話している。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ