野党、検察官定年特例取り下げを

共同通信

 野党は19日の衆院内閣委員会理事懇談会で、検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、次期国会以降に審議する場合、特例で検察幹部の定年延長を認める規定を取り下げるべきだと改めて要求した。与党は今国会での成立見送りを野党に伝えるにとどめた。

 政府、与党は野党の要求には応じない方針。与党筆頭理事の井上信治氏(自民)は、このままでは次期国会でも与野党対立が続くとの記者団の質問に「(どう対応するかは)党全体、政府全体の話」と述べた。

 同改正案を巡り、政府、与党は「束ね法案」として一本化している国家公務員法改正案と共に、秋に想定される臨時国会で審議したい考えだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ