成田―武漢で貨物臨時便

共同通信

 ANAカーゴは19日、新型コロナウイルスの感染拡大で成田―中国・武漢間の旅客定期便の運休が続く中、貨物臨時便の運航を始めた。ANAグループが武漢行きの便を運航するのは2月の政府の旅客チャーター便以来で約3カ月ぶり。31日までは週3便運航する。

 ANAによると、現地で経済活動が再開し、貨物需要があると判断した。米航空機大手ボーイングの中型貨物専用機を使用し、武漢からは医療用品や電子機器部品などを、日本からは自動車や半導体の部品などを運ぶことを予定しているという。

 19日午後9時20分ごろ、医療用品など約20トンの貨物を積んだ臨時便が成田空港に到着した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ