医療従事者に手旗で感謝

共同通信

 海上から医療従事者へエールを―。神戸港で観光船の運航などを手掛ける早駒運輸が、新型コロナウイルスと向き合う医師や看護師らに船上から手旗信号で感謝を伝えるユニークな活動を続けている。

 毎週金曜日、正午に「ブォー」と汽笛が鳴り響くと、神戸市のポートアイランドの沖合に観光船など4隻が並び、セーラー服姿の船員が赤と白の旗を規則正しく振る。「ありがとう」の手旗信号で、船首の方角には神戸市立医療センター中央市民病院などがある。

 始めたのは5月8日。同社の渡辺真二社長(53)は「港町・神戸らしい形で気持ちを伝えたかった」と意図を話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ