NY株反落、390ドル安

共同通信

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比390・51ドル安の2万4206・86ドルで取引を終えた。米モデルナが開発する新型コロナウイルスワクチンを巡り、初期臨床試験の結果に対する懐疑論が出て売りが優勢となった。前日の急上昇に伴う利益確定の動きも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は49・73ポイント安の9185・10。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が景気悪化に対応するため政策を総動員すると改めて表明し、買いが勢いづく場面もあった。

 銘柄別では、航空機のボーイングなどの下げが目立った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ