尾身氏「見えない感染が継続」

共同通信

 衆院予算委員会は20日午後、新型コロナウイルス対応を巡る参考人質疑を実施した。政府諮問委員会の尾身茂会長は、感染が今のところ収束の方向に向かっているとの見解を示した上で、8都道府県で継続している緊急事態宣言に関し「仮に全都道府県が解除されても、(感染)報告者数のゼロが短期間、続いたとしても、見えない感染が続いていると考えるべきだ」と注意を促した。

 「冬の到来を待たず、再び感染の拡大が起こることは十分予測される」とも語った。政府専門家会議座長の脇田隆字国立感染症研究所長、諮問委メンバーで経済学者の竹森俊平慶応大教授も出席。冒頭、3氏が意見を陳述した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ