鹿児島国体の安全開催「難しい」

共同通信

 鹿児島県の三反園訓知事は20日、10月に県内で開催を予定していた第75回国民体育大会について「(新型コロナウイルスの)感染拡大の状況や、選手の安全確保を総合的に考え、安全に開催するのは難しいかもしれないという認識は(スポーツ庁などと)一致している」と述べた。県庁で報道陣の質問に答えた。

 三反園知事は「今後も第2波、3波の発生が心配される。選手や鹿児島に来る皆さん、県民の安全を一番に考えなければならない」と強調した。約6割の競技の予選会が中止や延期になっており、6月中に開催可否を判断する方針だが、今秋実施は困難な情勢となっていた。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ