中国は国家間競争を顕在化させる

共同通信

 政府の2020年版防衛白書の素案が21日、判明した。新型コロナウイルスの感染拡大に関し、中国が「自らに有利な国際秩序の形成や影響力の拡大を目指した国家間の戦略的競争をより顕在化させ得る」と警戒し、安全保障上の課題として注視すると強調した。米中対立に触れ、感染の長期化が各国の軍事態勢に影響する可能性を指摘した。防衛白書は7月中に閣議で報告される見通しだ。

 素案では安全保障環境の章に、新型コロナを巡る国際動向を記述。中国に関し「混乱を契機に、偽情報の流布などを用いた影響工作も指摘される」と問題視し、「不透明さと相まって、安全保障上の強い懸念」と明記した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ