首相、記者対応はわずか7分

共同通信

 安倍晋三首相は21日夜、新型コロナウイルス緊急事態宣言を大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除するための政府対策本部会合に先立ち、記者団が首相を囲んで実施する「ぶら下がり取材」に応じた。これまで政府対応を説明するため節目に記者会見を開いてきたが、この日はわずか7分。「なぜ今回だけ会見しないのか」(枝野幸男立憲民主党代表)といぶかしむ声も上がった。

 賭けマージャン疑惑を報じられた黒川弘務東京高検検事長の辞表提出のタイミングと重なったことから、追及を避けるため長時間の会見を嫌ったとの見方が出ているが、首相周辺は「3府県の解除にとどまったためだ」と強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ