自粛中の悩み、子への対応38%

共同通信

 「いらいらし、子どもに手をあげてしまう」「子どもだけを置いて出勤しなければならない」―。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛していた子育て世帯を対象に、「フォスターライフ」(山梨県南アルプス市)が困っていることを調べたところ、38%が「在宅中の子どもへの対応」を悩みに挙げた。

 調査は4月15~18日、インターネットで実施、492人が回答した。

 「自分や家族の仕事の状況」(16・7%)、「経済面の不安」(15・5%)と続き、「派遣社員なので休校の長期化で契約解除の恐れがある」「家賃が払えない」「夫は給与未払いが続き転職を決めた」との回答も。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ