法相、前検事長訓告の適正さ強調

共同通信

 森雅子法相は27日の参院本会議で、賭けマージャン問題を巡り辞職した黒川弘務前東京高検検事長への訓告処分は適正だとの認識を重ねて示した。「旧知の間柄の者と、必ずしも高額とまでは言えないレートで行われ、事実を認めて深く反省している」と強調。処分に当たっては「人事院の処分指針を参考としつつ、先例も考慮した」と説明した。

 衆院内閣委員会で、菅義偉官房長官は処分に関し、法務省から事前に説明を受けていないと明言。法務省の保坂和人官房審議官は調査過程などを官邸側に事前説明したと認めたが、報告相手は明らかにしなかった。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ