代替の地方大会で8億円計上

共同通信

 スポーツ庁は2020年度第2次補正予算案で、全国高校野球選手権大会(甲子園)や全国高校総合体育大会(インターハイ)などの中止を受け、各自治体レベルで開催が検討されている代替の地方大会に関し、開催支援で8億円を計上した。練習の成果を発揮する舞台を失った生徒に配慮し、代替となる大会の開催を後押ししたい考えだ。

 会場経費やコロナ感染防止に向けた費用などを対象に補助。高校生の大会は上限1千万円で都道府県を支援する。インターハイや甲子園大会はスポーツ推薦での進学、進路を希望する生徒にとって重要な意味を持つ。同じく中止となった全国中学校体育大会の代替大会も支援する。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ