「HELP!旅館大村屋」

共同通信

 1830年に創業した佐賀県・嬉野温泉の老舗旅館「大村屋」が宿泊などに2年間使える利用券を4月に発売し、申し込みが約90件と出足が好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が厳しい中、運転資金を確保するのが狙い。ビートルズの名曲に引っ掛けて「HELP!旅館大村屋」と名付けた。

 券は3万、5万、10万円の3種類を販売しており、1割分を上乗せした金額を宿泊や、入浴と料理を楽しめる日帰りプランで利用できる。

 大村屋は「湯上がりを音楽と本で楽しむ宿」がコンセプト。ビートルズを含むレコード約3千枚と、書籍約300冊を用意し、利用客が共用スペースなどで楽しめる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ