武田薬品から細胞製造を初受託

共同通信

 再生医療用の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄と提供を目的とした公益財団法人「京都大学iPS細胞研究財団」(理事長・山中伸弥京大教授)は29日、初の細胞製造の受託契約を武田薬品工業と結んだと発表した。

 製造するのはiPS細胞から成長させた免疫細胞で、武田薬品ががん免疫細胞療法の臨床試験に使う予定。財団は「iPS細胞を用いた再生医療が一日も早く医療現場に提供されるよう取り組む」としている。

 昨年度までは京大が「iPS細胞ストック事業」として進めてきたが、低コストで安定的に細胞を提供するため、独立して財団となった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ