長崎停泊の伊クルーズ船が出港

共同通信

 乗員に新型コロナウイルス感染が拡大したイタリア籍クルーズ船「コスタアトランチカ」は31日、停泊していた三菱重工業長崎造船所(長崎市香焼町)を離岸し、フィリピンのマニラに向けて出港した。乗員120人超が乗船。再検査の結果、船内に感染者はいなくなっていた。

 クルーズ船は1月末に長崎港に入港した。乗客はいない。最初に感染が確認された4月20日時点の乗員は623人で、その後、計149人の感染が判明。乗員は船内の個室で待機し、陰性が確認された人から順次帰国した。陽性者の再検査を進めながら、運航会社「コスタクルーズ」などが出港時期を調整していた。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ