日本平和学会、コロナ危機で訴え

共同通信

 日本平和学会は31日、春季研究大会をオンラインで開き、「コロナ危機に立ち向かう」をテーマにドメスティックバイオレンス(DV)から安全保障まで幅広い観点からの報告があった。会長の竹中千春立教大教授は「危機を乗り越えるのに戦争や内戦、暴力は必要ない。平和的手段で人類がサバイブして(切り抜けて)いくというポイントに現在立っている」と訴えた。

 神奈川大の近江美保教授は、新型コロナ感染拡大以降、夫から妻へのDVや児童虐待が増加傾向にあると紹介。暴力の原因がコロナ禍で高まったストレスとの見方があるとして「女性がストレス発散対象として認識されている」と指摘した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ