大阪で1人が死亡、1人再陽性

共同通信

 大阪府は2日、新型コロナウイルスに感染していた80代男性が死亡したと発表した。また女性1人が検査で再び陽性となったと明らかにした。新規感染者はゼロだった。

 府によると、再陽性となったのは大東市の50代女性。4月27日に陽性が判明した後、2回陰性となったことが確認され5月20日に退院していた。

 感染疑いの人へのPCR検査は342人分実施した。府は再び休業要請する際の独自基準「大阪モデル」を設けており、警戒信号は「緑」を維持した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ