東証、一時490円超上昇

共同通信

 3日の東京株式市場は新型コロナウイルス感染症の流行により、世界的に停滞した経済活動の再開を期待する買い注文が広がり、日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前日比288円15銭高の2万2613円76銭と約3カ月半ぶりの高値を付けた。上げ幅は一時490円を超えたが、国内の感染再拡大を不安視した売り注文でやや伸び悩んだ。

 東京証券取引所第1部全体の時価総額は604兆円超に達し、2月下旬に割り込んでいた600兆円の大台に乗せた。東証株価指数(TOPIX)は11・40ポイント高の1599・08。出来高は約15億5200万株。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ