巨額予備費、使途巡り与野党協議

共同通信

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は4日、2020年度第2次補正予算案の10兆円に上る巨額予備費を巡り断続的に協議した。安住氏によると、政府側が使途を可能な限り事前に明らかにする方向で交渉。予備費について「実質上、かなりの部分を明示した予算に変えてほしいと訴えている。歩み寄りは可能だ」と記者団に説明した。5日も協議する。

 野党は国会内で開かれた新型コロナウイルス対策の政府・与野党連絡協議会でも、予備費の使途を明確化すべきだと主張。「持続化給付金」事業や観光・飲食業支援の事務委託を巡り、業者の選定過程や実施態勢に関し説明責任を果たすよう求めた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ