重量挙げで40件の違反隠蔽

共同通信

 【ジュネーブ共同】国際重量挙げ連盟(IWF)の不正疑惑を巡る調査結果が4日に公表され、世界選手権の金メダリストを含む40件のドーピング違反隠蔽や、4月に辞任したアヤン前会長による不正会計と1040万ドル(約11億3千万円)の使途不明金、改選における買収の横行が明らかになった。

 過去10年間で600選手が違反となった深刻なドーピング問題に加え、国際統括団体の前代未聞の腐敗も発覚し、来年の東京五輪や2024年パリ五輪の競技存続に影響する可能性も出てきた。

 報告書を受け取った国際オリンピック委員会(IOC)は「深い懸念がある内容だ」との声明を発表した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ