米景気、2月に後退期入り

共同通信

 【ワシントン共同】米国の景気動向を判定する全米経済研究所(NBER)は8日、新型コロナウイルスの世界的大流行の影響で、米景気が今年2月をピークに後退期入りしたと発表した。リーマン・ショック後の2009年6月に始まった景気拡大期は128カ月で終了。記録をさかのぼれる1854年以降で最長だった。

 NBERは米国の景気拡大や後退を正式判定する機関で、複数の雇用や生産などの指標を用いて判断する。「景気後退は通常、経済活動が数カ月以上落ち込んだ状態を指すが、今回は深く、広範に経済活動が落ち込んだことを考慮した」と説明した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ