ブラジル、コロナ感染実態隠し

共同通信

 【サンパウロ共同】新型コロナウイルス感染拡大が深刻なブラジルで、保健省が感染者や死者の詳細な統計の発表を中止し、内外から「実態隠しだ」と批判されている。反響の大きさに保健省は「近く新たな形式で公表を再開する」としているが、政府統計の信頼性に疑問を残した。

 複数の政党の訴えを受け最高裁は8日、保健省に従来の発表方法に戻すよう命じる決定をした。

 保健省は死者数がイタリアを抜いて世界3番目になった翌日の5日から突然、感染者や死者の数を累計ではなく過去24時間の増加分に限った発表に切り替えた。省ホームページからは、感染・死者数の推移のグラフなどが削除された。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ