コロナ研究にiPS活用

共同通信

 新型コロナウイルス感染症の病態解明や治療薬開発に、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用する取り組みが国内外で始まっている。体のさまざまな組織に変化する万能細胞としての性質を利用して、患者に負担をかけず研究を進められるのが強みだ。既に欧米のチームが成果を上げたと報告。国内でも京都大が研究を開始した。

 スウェーデンやカナダなどの国際チームが4月24日付の米科学誌セル電子版に発表した内容によると、iPS細胞から血管の組織を作って新型コロナウイルスに感染させた。ウイルスが細胞表面のタンパク質「ACE2」に結合して感染していることを確認した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ