リニア、27年開業「ぎりぎり」

共同通信

 JR東海の金子慎社長は10日の記者会見で、環境対策を巡って静岡県と対立が続いているリニア中央新幹線の工事について、今後順調に進んでも「(予定している)東京・品川―名古屋の2027年開業はぎりぎりで厳しい工程だ」と訴えた。静岡県内の準備工事の着手が遅れれば、予定通りの開業は困難との認識を改めて示した。

 一方、静岡県の川勝平太知事も10日記者会見し「私の関心は27年開業ではなく工事の安全だ」と述べ、開業時期にこだわらず環境対策を徹底するよう求めていく考えを強調。依然として両者の隔たりは大きい。

 金子氏は「だんだん切迫している」と指摘した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ