郵便配達員らにマスク外す動き

共同通信

 物流業界で配達員の熱中症を防ぐために、屋外などでの業務中に各自の判断でマスクを外す取り組みが広がってきた。日本郵便は10日、周知用のステッカーを貼ったバイクを報道陣に公開した。ヤマト運輸佐川急便も追随し、各社は新型コロナウイルス感染防止と暑さ対策との両立に理解を求めている。

 日本郵便は、今月5日から10月末まで屋外では他人との距離に十分注意した上で外すことにした。郵便局の窓口や郵便物の集配時など人との距離が2メートル以内に近づく時は、引き続きマスクを着ける。ヤマト運輸や佐川急便もホームページで同様の措置を取ると公表している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ