チリ保健相、虚偽報告疑惑で更迭

共同通信

 【サンパウロ共同】南米チリからの報道によると、ピニェラ大統領は13日、マニャリッチ保健相を交代させる人事を発表した。事実上の更迭。新型コロナウイルス感染者の急増に加え、保健省が死者数をごまかしていたのではないかとの疑惑が持ち上がり、交代圧力が強まっていた。後任は前医師会会長のエンリケ・パリス氏。

 チリ国内での公式発表の死者数は約3100人にとどまっている。しかし地元ネットメディアが13日、保健省が世界保健機関(WHO)に5千人以上の死者数を報告していたと報道。野党からは「信頼が失われた」と保健相交代を求める声が出ていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ