首相、給付金支給の遅れ釈明

共同通信

 安倍晋三首相は15日の参院決算委員会で、新型コロナウイルス感染症対策で中小事業者を支援する持続化給付金を巡り、支給が遅れているとの批判に対し「全てが経済産業省側の手落ちだということではない」と釈明した。「(給付事務の)現場がぼーっとしていて、何もやっていないのではない」「(申請書類に)さまざまな課題、問題があった」と語った。1カ月間で150万件、2兆円を支払ったと説明した。

 感染拡大への対応については、罰則付きの外出制限や営業停止を可能とする法整備の検討を排除しない考えに言及。「どうしても必要な事態が生じる場合は、当然検討されるべきだ」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ