韓国、「歴史の完全歪曲」と批判

共同通信

 【ソウル共同】韓国外務省報道官は15日、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」に関する「産業遺産情報センター」が東京で公開されたことを受け、施設には朝鮮半島出身者が意思に反して過酷な条件下で強制労働をさせられた展示がなく「歴史的な事実を完全に歪曲した内容が含まれる」と批判する声明を発表した。

 韓国外務省は同日、冨田浩司駐韓日本大使を呼んで抗議した。報道官は声明で、世界文化遺産登録時に日本政府が約束した強制労働被害者に対する適切な措置が「全く履行されておらず、強く抗議する」と表明。「深い遺憾」も示した上で、登録時の約束を順守するよう重ねて要求した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ