小沢一郎氏、立・国合流を訴え

共同通信

 国民民主党の小沢一郎衆院議員は15日、同党や立憲民主党など野党の衆参当選1回議員向けに国会内で講演し、次期衆院選に向けて両党が合流する必要があると訴えた。「国民のための権力を得るには選挙に勝つ以外ない。野党が結集して、政権の受け皿にならなくてはならない」と述べた。

 合流論に「選挙目当て」との批判があるとした上で「全ての政党や議員の活動は、選挙で国民の支持を得るためのものだ。批判を気にする必要はない」と強調した。

 昨年の参院選以来、確執が続き合流の妨げとなっている両党の参院側を念頭に「好きとか嫌いとか、情緒的なもので判断すべきではない」と指摘した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ