「大阪都構想」自民府議団賛成へ

共同通信

 大阪市を廃止して特別区を設置し、大阪府とともに行政機能を再編する「大阪都構想」を巡り、自民党府議団は16日に会合を開き、府と市の法定協議会で19日に採決される制度案(協定書)に賛成する方針を決めた。市議団は一貫して反対しており、対応が分かれる見通しとなった。

 府議団はこれまで賛否の態度を明確にしていなかった。会合後に記者会見した杉本太平幹事長は「住民サービスの低下や設置コストなど、市の不利益になると反対の声もあった」としつつ「権限や財源が府に移る制度。府議会では反対より賛成意見が多かった」と述べた。府連幹部にも既に報告した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ