世界難民の日、支援広げる青い光

共同通信

 国連が定める「世界難民の日」を迎えた20日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の駐日事務所の呼び掛けに応じ、東京スカイツリー(東京都墨田区)など全国25カ所が国連カラーをイメージした青色にライトアップされた。

 社会全体で難民問題解決に取り組む機運を高めるのが狙いで、東京都庁や東寺(京都市南区)の五重塔といった建物のほか、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」も含まれる。

 駐日事務所によると、バングラデシュなどの難民キャンプでは新型コロナウイルスの感染が拡大しているという。担当者は「難民に思いをはせてもらえる機会にしたい」と話している。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ