NY原油、3カ月半ぶり高値

共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の7月渡しが前週末比0・71ドル高の1バレル=40・46ドルと3月上旬以来、約3カ月半ぶりの高値で取引を終えた。新型コロナウイルス感染拡大で停滞した経済活動の再開が進み、エネルギー需要増への期待から買い注文が優勢となった。

 7月渡しの取引は22日で終了。取引量が最も多い8月渡しは0・90ドル高の1バレル=40・73ドルで引けた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ