アップル、Mac頭脳を自社設計

共同通信

 【ニューヨーク共同】米アップルは22日、パソコンの頭脳を担うプロセッサーを自社で設計し、年末までに発売する「Mac(マック)」に搭載する計画を発表した。米インテル製から移行を進める。主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けは既に自社で設計しており、製品間で連携しやすくし競争力を強化する。

 新プロセッサーでは消費電力を抑え、処理能力を高める。高度な安全性を実現し、人工知能(AI)技術も活用しやすくなるという。移行期間は2年程度を見込む。

 アップルは競争力強化を理由に、パソコンのプロセッサーを2006年からインテル製に移行した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ