ドイツ駐留米軍、一部をアジアに

共同通信

 【ワシントン共同】オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し、削減されるドイツ駐留米軍のうち数千人が日本を含むアジア太平洋地域に配置される可能性があると明らかにした。

 オブライエン氏は約3万4500人のドイツ駐留米軍を約2万5千人まで減らすと述べ、時期などは調整中と説明。米国と同盟国がアジア太平洋地域で「冷戦後、最も重要な地政学上の課題に直面している」と強調し、削減分のうち数千人は日本やハワイ、グアムなどへ配置があり得るとの考えを示した。ほかに数千人を欧州の同盟国に配置、残りは帰国させるという。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ