米ロ、核軍縮巡り作業部会

共同通信

 【モスクワ、ワシントン共同】米国とロシアは22日、ウィーンで軍備管理に関する高官協議を行った。ロシア外務省によると、米ロ間に唯一残る核軍縮枠組みで来年2月に期限が切れる新戦略兵器削減条約(新START)の延長問題などを討議。米国のビリングスリー大統領特使(軍備管理担当)は協議後、技術作業部会を設置したとツイッターで明らかにした。

 ビリングスリー氏によると、広範な核問題について詳細に議論し、次回の協議開催で原則合意した。協議に関して「とても前向きだった」と評価したが、米国が招待した中国は参加しなかった。新STARTの延長問題で進展があったかどうかは不明。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ