昼カラオケでクラスター、北海道

共同通信

 北海道小樽市のスナック利用客ら9人が新型コロナウイルスに感染したことについて、小樽市は24日に開いた記者会見で、同市では初となるクラスター(感染者集団)が発生したとの認識を示した。同市での感染発表は5月9日以来、46日ぶり。

 9人のうち、8人は昼間にカラオケが利用できるスナックの経営者と利用客で、残る1人はいずれかの家族。会見で迫俊哉市長は「クラスター発生は残念。観光都市なので改めて注意を呼び掛けたい」と話した。

 また札幌市も同日、新たに70代女性が感染し、これまでに陽性が確認されていた70代男性が死亡したと発表した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ