地上イージス秋田・山口配備断念

共同通信

 政府は24日の国家安全保障会議(NSC)で、秋田、山口両県への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を断念すると決定した。河野太郎防衛相が25日の自民党会合で明らかにした。会合後、河野氏は「代替地を見つけることは極めて困難だ」と記者団に表明した。政府、与党はミサイル防衛体制を練り直す方針。自民議員からは、弾道ミサイル発射拠点を攻撃する敵基地攻撃能力の保有を求める意見が出た。

 河野氏は国防部会などの合同会合で、当面は海上自衛隊のイージス艦航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)で対応するとした。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ