米、懸案解決へ日本と緊密連携

共同通信

 【ワシントン共同】米政府は25日、日本政府による地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の断念決定を受け、日本の懸案を解決するため、日本と緊密に連携する考えを表明した。日本のミサイル防衛の動向は米軍の作戦にも影響を与えるため、日本の検討の行方を注視する構えだ。

 国務省の報道担当者は25日、日本の決定を受け「地域の脅威が高まる中、日本の懸案を解決し、日米の安全保障を強化する方法を見つけるため、引き続き緊密に連携する」と声明を発表。決定自体への評価は避け、日本の判断を尊重する姿勢を示した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ