「ピカソを見分ける鳥」が山階賞

共同通信

 山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)は26日、鳥の研究や保護活動で業績を挙げた研究者らに贈る山階芳麿賞を、ハトやマウスにピカソとモネの絵を見分ける力があることなどを突き止めた渡辺茂・慶応大名誉教授(72)に授与すると発表した。

 渡辺さんは、動物行動学や比較神経学が専門。ハトにピカソとモネの絵を交互に見せ、ピカソの絵を見せた時だけ餌を与えることを繰り返す実験などを通じ、ハトにも人間と同じようにピカソとモネの「画風」の違いを認知する能力があることを突き止めた。

 この研究はその後、鳥類が脳で視覚情報を処理する仕組みの解明などにつながった。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ