医療従事者を二次感染から防ごう!まさかの素材で作られたPCR検査用簡易防護シールドの取り扱い開始

PR TIMES 株式会社A Holdings

株式会社A Holdings(本社 福岡県福岡市 代表取締役 佐藤光一)ではPCR検査用簡易防護シールドの取扱いを開始しました。


新型コロナウィルスでの医療現場の声を元に開発された、簡易防護シールドは、プラスチィックダンボールで制作されており持ち運びも簡単です。
また、ポリエチレンの使い捨てロング手袋も同梱されておりすぐにご使用出来る製品となっております。



これにより、緊急的にまた簡易的に設置が出来、医療従事者をウィルスから保護出来るようになります。

組み立てはとても簡単で、3枚のプラスチックダンボールを貼りつけることで防護壁が出来上がります。
あとは組み立てたシールドにポリ手袋を装着するだけで医療従事者への飛沫感染を防ぎ、医療崩壊を防ぐことが出来ます。



プラスチックダンボールなので、都度アルコール消毒も出来るのでとても衛生的です。

簡易防護シールドを備えておけば、いざというときに対応できることとなるではないでしょうか。

<サイズ>
●組み立て寸法(mm)
約600巾×700奥行x1500高さ
●梱包サイズ
1800x710x90



<内容品>
●本体・説明書・ロング手袋・固定・補修用ガムテープ

導入をご希望の企業様、医療関係機関の方はお気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ