(株)愛しとーとがeスポーツプレイヤー、ストリーマーのマネージメント会社(株)CS entertainmentを設立

PR TIMES 株式会社愛しとーと

~人気eスポーツクラン「芝刈り機〆CoD部門」選手のマネジメントを開始~
(株)愛しとーとは100%出資の子会社「(株)CS entertainment」を2020年7月1日に設立。 eスポ―ツプレイヤー、 ストリーマー等のマネージメント業務、 大会運営業務等を行う。次世代のエンタメの活性化とITエンジニアの創出、次世代とのシンクロにより新たなニーズを捉え、新規事業展開を強化。


株式会社愛しとーと(福岡県那珂川市)は、eスポーツ事業の業務拡大に伴い、全額出資の子会社である「株式会社CS entertainment」を2020年7月1日付で設立致しました。株式会社CS entertainmentはeスポーツプレイヤー、ストリーマー等あらゆるエンタメパーソナリティーのマネージメント業務をはじめ、ゲーム大会運営請負業務等を行います。また、インターネット、VR、AR、AIなどの先端技術を駆使して活動を行う次世代のIT人財が豊富な業界にシンクロする事で、ITエンジニアの育成・創出に寄与し、さらに次世代の若者のニーズを捉え、親会社である愛しとーととの連携によってプロジェクト化する事で、商品及びコンテンツ開発力を強化し、グループとしての事業展開のスピードと拡大性を強化致します。

新会社設立と同時に、荒野行動のゲームタイトルで人気を博しているeスポーツクラン「芝刈り機〆」のCoD部門の選手のマネジメントも開始致します。芝刈り機〆のCoD部門は、日本国内で初となるリーグ形式のCall of Duty Mobile eスポーツ大会「PLEADES」の大会をはじめ、様々なオンライン大会でも活躍を見せるクランです。
今後はメディア出演や大会出場のみならず、オンラインサロンも開設してファンの皆様との交流を図るなど、活動の幅を広げていきます。
■新会社情報
会社名:  株式会社CS entertainment
所在地:  福岡県那珂川市今光6-23 株式会社愛しとーと内
設立日:  2020年7月1日
役 員:  代表取締役 中村浩之
      取締役社長 玉井一樹
      取締役   岩本 凌
株式構成: 株式会社愛しとーと100%出資
連絡先:  cs.ent0701@gmail.com
Twitter:  https://twitter.com/CSE_0701
■芝刈り機〆CoD部門について
2019年のチーム発足以来、数々の大会に出場し、今年だけでも13回もの優勝を勝ち取るなど実力を持つクラン。
【所属選手】
・恐竜(アロ)
 若いながらも、どのゲームにも適応する感覚派の天才プレイヤー。
 Youtube活動も行い、ファンとの距離も近く、持ち前の人懐っこさで愛されるキャラクター。
 Twitter:https://twitter.com/Aro0603
 Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCFZF_dmwZ71mhTwVZHTZlJQ

・猫茶(ミア)
 芝刈り機〆一のファインプレーメイカー。
 1vs複数の不利状況を何度も覆し、試合の流れを奪ってきたエース。
 Twitter:https://twitter.com/CS_Miq

・樂茶(ラーク)
 オールラウンダーであり、芝刈り機〆の中でも驚異的な生存力を持つ。
 流れに乗ると止まらない爆発力を持つ実力者。
 Twitter:https://twitter.com/_xLark

・正義(ジャスティス)
 唯一無二の狙撃で試合を動かす起点をつくるスナイパー。
 彼の調子がその日のチームの調子になる芝刈り機〆のキーマン。
 Twitter:https://twitter.com/nim_taro 

・脱兎(ダット)
 芝刈り機〆CoD mobile部門リーダー。戦況の把握に非常に長け、チームを導く司令塔。
 Twitter:https://twitter.com/CS_Dut
■株式会社愛しとーとについて
eスポーツプレイヤー専用のサプリメント「e-supple(イーサプリ)」の開発・販売を行う(株)愛しとーとは、食べるコラーゲンゼリーで10年連続売上日本一、海外7ヵ国のご愛用者数も年々増加しております。日本でも盛り上がりが加速しているeスポーツにおいて、プレーヤーの食生活や生活習慣など健康面が問題視されている現実に、愛しとーとの健康づくりに関するノウハウ、産学連携での研究結果を活かして、eスポーツプレーヤーの健康をサポートすべく、サプリメントの研究・開発・販売をはじめ、プレーヤーへの健康アドバイスなども行っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ