木村VS藤井、緊迫の局面で封じ手 王位戦第1局

友好紙

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が1日午前9時から、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で指され、午後6時2分、後手番の木村が54手目を封じて初日の戦いを終えた。

 序盤は藤井が得意とする角換わりの戦型を、木村が受けて立った。木村が前例の少ない5二玉(42手目)で揺さぶると、藤井は1時間半の長考で2四歩(43手目)と攻勢に出た。

 木村が桂の守りと飛車取りを狙った攻防手の9二角(52手目)を放つと、再度長考した藤井は飛車取りを恐れず7三歩成(53手目)と踏み込み、局面は一気に緊迫している。

 立会人の谷川浩司九段は「木村王位が準備した作戦に藤井七段が強い手順で応じた印象だ。7三歩成の踏み込みは、自信がないとできない。じっくりした戦いになると思ったが、2日目の早い段階で終盤戦になりそうだ」と話した。

 持ち時間各8時間のうち1日目の消費時間は、藤井が3時間57分、木村が3時間30分。2日目の2日は午前9時に再開する。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報する。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ