中国が英国に「強烈な不満」

共同通信

 【北京共同】中国の劉暁明駐英大使は英外務省高官に対し、香港国家安全維持法(国安法)を巡って「英国は中国内政に乱暴に干渉している」として強烈な不満と断固反対を伝えた。在英中国大使館が2日発表した。

 英政府は香港に住む推計290万人の「英国海外市民」を対象に、英国に滞在する権利を拡充する方針を正式表明した。大使館はこれに関しても2日、反対する声明を出した。

 英国と中国は1984年の中英共同宣言で「一国二制度」による香港返還を規定した。英政府は国安法が宣言に反するとしているが、劉氏は1日、「宣言の意義は、中国が香港を取り戻すことを明確にしたことだ」と主張した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ