年内の朝鮮半島情勢進展に期待

共同通信

 【ソウル共同】訪韓中の米国のビーガン国務副長官(北朝鮮担当特別代表)は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が交渉権限の与えられた交渉相手を指名すれば直ちに米朝協議を始められると強調、年内の朝鮮半島情勢進展に期待を示した。

 ソウルの韓国外務省で康京和外相や同省の李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長と会談し、記者団の取材に応じた。ビーガン氏は、南北協力が「朝鮮半島をより安定させる上で重要な要素だ」と述べ、推進する韓国政府の姿勢を支持すると語った。

 朝鮮半島の平和実現は「十分可能だ」とも語り、ビーガン氏らの取り組みをトランプ米大統領が全面的に支持していると述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ