攻めの藤井、受けの木村 棋風通りの展開に 王位戦第2局

友好紙

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑む第61期王位戦(西日本新聞社主催)の7番勝負第2局が14日午前9時、札幌市厚別区の「ホテルエミシア札幌」で再開、指し継がれた。注目された藤井の初の封じ手は「8六歩」(40手目)だった。

 前日の手順が再現された後、立会人の深浦康市九段(48)が封じ手用紙の入った封筒を開封。「よろしくお願いします」と告げ、2日目の対局が始まった。

 歩損を取り返す狙いの藤井の8六歩は、控室でも検討された候補手の一つ。藤井が8六飛(42手目)、5六飛(46手目)と攻め掛かると、木村は8七歩(47手目)と応じ、藤井の飛車の動きを制限した。

 藤井はその後も9六歩(48手目)、8五飛(52手目)と攻めをつなげ、木村王位の手番で昼食休憩に入った。

 深浦九段は「木村王位が2歩得になっており、ややリードを保っている印象。動く挑戦者の藤井七段に対して受けて立つ木村王位という、(両者の)棋風通りの展開になっている」と話した。

 14日夜までには勝敗が決まる見通し。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ