法人携帯「テレワーク応援支援キャンペーン」人気の機種代金が0円!

PR TIMES 株式会社ベルテクノス

withコロナで求められる急速な職場改革。需要急増している法人携帯の人気機種が、今なら「機種代金0円」となるキャンペーンをご紹介
株式会社ベルテクノス(関東本部:東京都新宿区、代表取締役:中嶋 大介)が運営する「OFFICE110」は、新型コロナウイルスで大変な状況下で奮闘されている企業様のために、お得な法人携帯をさらに導入しやすいように、「テレワーク応援支援キャンペーン」をご用意いたしました。


■OFFICE110はビジネス用回線コンサルティング実績12万社を達成!
OFFICE110は企業様にとって「最善」「最適」なトータルコンサルティングを実施しております!新規契約はもちろん、乗換え・機種変更などすべてのシーンで貴社をサポートします。

▼ OFFICE110の法人携帯  
https://office110.jp/business-mobile/
こんなお悩みありませんか?

日常業務が忙しすぎて着手したいが手が回らない・・・
テレワークを導入したいが個人携帯だと社員に負担が・・・
会社携帯をなるべく初期費用かけずに導入したい!
毎月の出費をなるべく安く抑えたい!
個人携帯だと経理も大変・・・

これらの悩みを全てOFFICE110の「法人携帯」が解消いたします。
ヒアリングからプランの選択まで直接訪問で完結!




【法人携帯を導入する6つのメリット】
大幅なコストダウンを可能にする法人携帯。
会社携帯をOFFICE110法人携帯のプロにお任せいただければ、得られるメリットは保証いたします。

■テレワークに最適
テレワークに法人携帯が最適な理由は2つ

1.従業員への配慮
テレワーク導入に際して従業員同士のコミュニケーションツールの確保は重要です。法人携帯では社員間通話はもちろん、クライアント様との通話も気にすることなく定額で利用できます。
2.セキュリティ対策
個人携帯を仕事で活用すると、不正アプリからの情報流出などの危険性があります。法人携帯であればアプリのインストール制限など、あらゆるセキュリティ対策が可能です。

■圧倒的な安さで通信コスト削減
OFFICE110では「法人限定スマホプラン」として、圧倒的なお得プランをご用意しております。

「パケット定額」+「国内通話し放題」=月額1,480円~

お客様の利用状況に合ったオリジナルプランのご提案も可能です。

■情報漏えい防止・セキュリティ強化
法人携帯で情報漏洩のリスクヘッジも対策万全。紛失などのトラブルにも「遠隔ロック」「遠隔データ削除」など、未然防止も可能です。

■故障やトラブルにも即対応
ショップと違い、導入後のアフターサポートが充実している法人携帯。どんなトラブルにも専門スタッフが対応します。機器の故障・使用方法など、安心してOFFICE110におまかせください。

■経理作業の効率化
法人携帯を導入することで毎月の請求を一括管理することが可能になります。個人携帯運用と比べると「時間」「労力」「管理ミス」を全てカットできます。

■従業員の満足度が向上!
社内の連絡体制が整備され、従業員間のコミュニケーションが活発になります。かけ放題プランで時間を気にせず、お客様対応や社内での情報共有が実現可能です。


テレワークニーズで「法人携帯」のお問い合わせ急増中!
▼ OFFICE110の法人携帯  https://office110.jp/business-mobile/

1.ショップに出向く手間が不要
OFFICE110のプロのスタッフが全国出張いたします。

2.ショップにない特別プランをご提供
現在の利用状況・必要な機能などを把握し、最適なオリジナルプランをご提案。

3.最短1日スピード導入
人気のスマホも常に在庫管理。最短納期を徹底。

4.固定回線と同時にコスト削減
OFFICE110は「コスト削減のプロ」です。オフィスのトータルコストを削減致します。

5.導入後も専属担当者がサポート
貴社専属スタッフが丁寧に対応。現代の最新IT技術のオフィス導入サポート支援いたします。

新規導入おまかせください!
< 今だけ「テレワーク応援支援キャンペーン!」実施中 >
OFFICE110の専任アドバイザーがトータルサポートいたします。
▼ OFFICE110の法人携帯  
https://office110.jp/business-mobile/
■会社概要
商号:株式会社ベルテクノス
代表者:代表取締役 中嶋 大介
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-11イマキイレビル5F
設立:2001年5月
事業内容:通信機器販売
資本金:3,500万円
URL:http://www.bell-group.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ