寒気の影響続く 九州の1カ月予報

 福岡管区、鹿児島地方両気象台は10日、九州地方の1カ月予報(11日~2月10日)を発表した。九州北部の気温はほぼ平年並みで、南部は平年並みか低い見込み。北部は期間初めに、南部は期間前半に寒気の影響を受けやすいという。

 ▽11~17日 期間中頃に北部は雨や雪、南部は雨の降る日がある。

 ▽18~24日 北部は高気圧に覆われて曇りや雨、雪の日が少ない。南部は晴れの日が多い。

 ▽25日以降 北部は曇りや雨、雪の日が多い。南部は晴れの日が多い。

=2014/01/10 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ